キッズとジュニアのためのロボット・プログラミング情報が詰まったサイト

RoboJam

NEWS

クラウドファンディングでトイロボットが人気!!

投稿日:2019年8月9日 更新日:

クラウドファンディングでトイロボットが人気だそうで

カメラを搭載した家電リモコン機能付き小型ロボットや、プログラミングを学べる組み立て式
キットロボなど。さらには、女の子にも人気が出そうなぬいぐるみ型ロボットも。

持ち運べるハコ型ロボット「PLEN Cube」

プログラミングキット「ファブロボ」

 

ペーパークラフトロボット「Kamibot」

 

モフモフのおやすみロボット「ネモフ」

 

いずれも目標金額を大きく上回る支援を受け、プロジェクトの受付が終了しています。

そこで今回は、いま支援を受付中のプログラミングロボット「BOTZEES」をご紹介!

プログラミングロボット「BOTZEES」

こちらのBOTZEESは、6種類のロボットを組み立ててプログラミングを学ぶことができます。

ワニやサル、オットセイなど。
対象年齢は4歳以上となっており、各パーツも比較的大きめのサイズとなっています。
小さい子供たちでも十分に組み立てることができそうですよ。

youtubeがあったので、参考までに。

 

BOTZEESはタブレット上でブロック型のビジュアルエディタを組んでいくタイプ

プログラミングをしていると何かを動かしたくなるんですよねぇ。
キッズたちはやはりロボットが動くとテンションが上がります!

なので、タブレット上でキャラクターが動くプログラミング教材よりは
こちらのような簡単に組み立てられるロボット系のキットの方が楽しく続きそう。

ただし、トイロボっとやプログラミングキットロボはいろいろな種類が出ているので、
どれを選べばいいんだろう?
どこまで売れるかなぁ…という印象。

以前にロボジャムで制作したロボットはサーボやモーターの配線に細かい作業を要求されました。
そうなんです!
この種の組み立てロボって最終的にお父さんが組み立てていることが多いんです。
子供が興味を持つのって、最初だけ。
というのはウチだけではないはずです。

となると、組み立てに簡単なブロック型のプログラミングキットはありかと思います。
ちなみに、すごく簡単に組み立てられる段ボールを使ったプログラミングキットもあります。

こちらは、NTTドコモからリリースされているembot

こちらのembotは「5,684円」とお値段的にも優しい設定をしてくれています。

実はこのBOTZEESはアマゾンで並行輸入でも購入できるのですが、
今回のクラウドファンディングでは、15300円の定価から割引価格で購入できるとのこと。
そして専用アプリは現在は英語のみ対応だが、日本語化を進めているとのこと。

15,300円か…

親の不安としては、子供がどこまで続けるかどうか…最初は様子をみて、段ボールロボットあたりが良いかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Copyright© RoboJam , 2019 All Rights Reserved.